友達との付き合いで金欠になりました

Posted by tyranno on 6月 21st, 2016 — Posted in 未分類

学生時代はファッションにも興味ありましたが、制服で過ごす事が多かったので友達との付き合いで洋服を買う、という考えはあまりありませんでした。
どちらかと言うと飲食代にお金を使っていました。

遊ぶ時間はたっぷりあるので、夕食を食べたら夜のおやつ。
友達の家で夕食を食べさせて貰うことも多かったのですが、毎日とは行かないので安い定食屋でご飯を食べていました。

友達の家も裕福ではなかったので、夕食代を貸す事もしばしば。
来月のお小遣いで返すから、と友達は毎回言うのですが返して貰った事はなく諦めていました。

私はどんなにお金に困っても、その友達からは絶対に借りない!と変なプライドだけはあったのです。
そのせいで毎月金欠に悩まされていたのかも知れないですね。

アルバイト禁止でバイトもしてなかったので、常に金欠。
親からお小遣いを貰っていた訳でもないので毎月、どうやってお小遣いを作ろうか悩んでいました。

バス通学だったので毎月親から定期代を38000円程貰っていました。

ある日、体調を崩しバスの定期購入日に買えずバスの停留所まで学生定期を買いに行きました。
すると月頭から月末まで毎月購入していたのですが、購入日に買えなかったので、その数日間を除いた残りの日数分しかお金を払わないで良かったのです。
手元には数千円のお金が‥…コレはいけるかも!と思ってしまったのです。

その日から定期購買日から数日間は学校を休んだり、学校の近くの友達の家で寝泊りして購入日をズラし、浮いたお金をお小遣いにしていました。

親は毎月、定期代はきっちり必要だと思っていたので、今月の定期代お願い、と言うと確認もしないでお金を出してくれました。

私の家も裕福な方ではなかったので、嘘をついて毎月お金を貰うのは心が痛みましたが、お小遣いも貰っていない、バイトもできない学生がお金を作る方法なんてそんなにありませんでした。
素直にお小遣い頂戴、と親に言ってもお金ないから!の一言で終わっていましたし。

そういえば、私と同じような境遇の友達がいるんですが、本当にお金が無くて、二人でカードローンでお金を借りてみようか、と言ってたこともありました。
そんなに怖いものでもなくちょっとの時に助かりそうだよね、と調べてみてそう思いました。
お金を借りる学生さんが参考になるサイト

ただ、私はそういう力を借りずにちょっと自分の力でなんとか頑張ってみたくて、未だに交通費などのやりくりでなんとか生活しています。

バイト禁止なんて今は少ないかも知れないですが、嘘をついたり悪い事でお金を稼ぐより、バイトで稼いだお金の方が断然お金の有り難みを感じますね。

子供たちの医療費とごはん代

Posted by tyranno on 5月 12th, 2016 — Posted in 未分類

生活でお金に困る時は、子供たちの医療費とごはん代です。
子供たちと言っても、息子のうさぎくんと娘のモルモットちゃんの牧草ごはん代です。
本当によく食べるコト!!!牧草は消化が良いのか、食べても食べてもお腹が空いてるらしく、『母ちゃん、ごはんもうないよー!ごはんちょうだい??』と、猛烈アピールしまくりの毎日。

医療費はペット保険に入る前に一匹が大きな病気になってしまい、手術にけっこうなお金がかかりました。診察費もけっこうかかっていましたので、手術代はお金を借りて支払いました(http://www.rosen-renmei.jp/)。大切な家族の命には替えられないですからね。

さて、どれ位ごはん代がかかるかと言うと、牧草500g1袋500円で、月7500円。それプラス、栄養の為の野菜代。

特に娘のモルモットちゃんはビタミンC毎日必須で、果物やピーマン、ミツバ、トマトから摂取するコトが多いのですが、今時期、果物も野菜も高騰していますのでお金がかかってしまいます。
モルモットはビタミンCを摂取しないと亡くなってしまうので、高くても買うのですが、私たち人間の分は回ってきません。
なので、なんだかんだと息子のうさぎくんと娘のモルモットちゃんの食費代が、月1万円位になります。

ちなみに。私と主人の食費と生活費は月30000円。
子供たちのごはん代節約の為にちょっとした対策を開始しました。
去年、余りにも三つ葉が高騰したので、育ててます。
それと、息子のうさぎくんと娘のモルモットちゃんが大好きなブルーベリーとサクランボは果樹としてベランダで育ててるし、なにか果物を食べた時に出た種は、植えるようにしてます。
ビワはすぐに芽を出しました。けど。。。結実するまで10年位、かかるそうです。
しかし、ビワの葉は動物のおやつとして売られているのですが、べらぼうに高いので、実がならなくても葉っぱはいっぱい茂ってるので、葉っぱおやつ食べ放題なのです。
ビワだけではなく、ブルーベリー、桜、金柑、ゆず、みかん、あんず、ラズベリー、ジューンベリー。。。これらを育ててるのですが、たとえ実がならなくても、栄養おやつとして、いっぱいあげるコトが出来るのです!
まぁ、ブルーベリーは放っといても、たくさん果実をつけてくれますので、助かってます。

動物のごはん代って、皆さんが思っている以上にかかるものなんですよ。
人間の子供たちは多少なりとも我慢してくれますが、動物となると我慢を知りませんので、くれるまで暴れまくる始末。
なので、果樹の葉っぱは貴重なおやつなので、今日も果樹にせっせと水やりして、葉っぱだけは多いに茂らせているのです。

貧乳・毛深いことが悩み。

Posted by tyranno on 11月 28th, 2014 — Posted in 未分類

私のコンプレックスはずばり、胸が小さいことです。元々やせ形で、体全体の脂肪も少ないです。20歳まではAカップでした。
当然、自分に自信がなく、彼氏が高1の時いましたが、セックスを誘われたときに、胸を見られるのが嫌で断ってしまい、そのせいなのか分かりませんが振られてしまいました。
それでますます自信をなくし、それ以降彼氏を作りませんでした。
ある時プエラリアミリフィカという成分が胸が大きくなるとネットで知り、21歳の時にサプリメントを買って飲みました。
すると、数か月飲み続けた結果、なんとBカップになりました。
でもまだBカップです。お世辞にも大きいとは言えません。
貧乳と人から言われないためには最低Cカップは必要です。
とある某不細工男性タレントですら、好きな女性のタイプに「Cカップ以上」などと、おこがましい条件を挙げています。
Bカップでは、イケメンどころか不細工な男性にすらモテないのか…。
現実の世界で生身の男性と恋愛することは、私には不可能だと思い二次元の世界へと逃げてしまいました。
恋愛シュミレーションゲームやBLの漫画やアニメに夢中になってしまい、現実の男性への興味は無くなりました。
女の人生で、一番若くてきれいで楽しいはずの20代前半の5年間を、腐女子として過ごしてしまいました。
サプリメントはこの間も、お金に余裕があるときだけ買って飲みましたが、B以上にはなりませんでした。
また、豊胸手術をするまでのお金も勇気もありませんでした。
ちなみに、この間に自動車教習所など、若い同世代の男の子と接する機会もありましたが、少し話をする程度で、親密になるのは避けていました。
20代後半に入り、さすがにさびしくなってきました。私はこのまま一生処女で独身で行くのだろうか…私は女として価値がないのだろうか…
でも、街ですれ違うカップルを見たら、私より太ってて不細工な女性でも結婚しているじゃないか。
そう思い、25歳から婚活を始めました。胸はあきらめていたので、他で魅力的に見えるよう努力しました。
脱毛サロンに通ったり、新しい服を買ったり、髪を巻いたり。
また、外見だけでなく内面も魅力的で一緒にいて楽しいと思ってもらえるような、話題の多い女性になるために、本を読んだりニュースを毎日見たりしました。
それらの努力に時間と労力をかけているうちに、自然とオタク趣味にかける時間は無くなりました。
1年後には彼氏もでき、ついにいわゆるリア充になっていました。
貧乳であるというだけで女性を恋愛対象から外すような男は、所詮、女性をセックス・観賞用としか思っておらず、女性の内面を見ていない、薄っぺらい男だと思います。
今でも、水着や胸のあいた服は相変わらず着れませんが、夏場は胸元にフリルがついた服で、貧乳をカバーし華やかに見せています。
また、浴衣は胸が小さい女性にお勧めです。肌を露出せずに、それでいて昔の日本の女性らしい、奥ゆかしい色気を演出できるからです。
祭りでは必ず浴衣を着ます。

胸のことに対したら本当に小さいことなのですが、今は解決しつつありますが、ずっと毛深いことも嫌でした。これはもう脱毛に通い始めているので解決しつつあります。

コチラに通っています→永久脱毛神戸

 

 

もう少し給料は貰ってもいいと思います

Posted by tyranno on 10月 28th, 2014 — Posted in 未分類

主人の給料には全く満足していません。春までは共働きだったので生活もできましたし、貯金も少しはできましたが、長男が小学校に入学して、学童保育に行かせたくない理由で私が仕事を辞めた事で生活が苦しくなりました。今までの貯金を切り崩しながら、どうにか生活しています。
主人は36歳で、今の仕事は4年目になります。主人は高校卒業後、まともな仕事をした事がなく、フリーターのような生活をしてきました。結婚してからもそれは変わらず、ひどい時は3日で辞めたり、月8万しか貰えないパートをしたりしてきました。

子供がいながら無職の時期も結構ありました。私の給料や私が消費者金融でお金を借りて、なんとか生活してきましたが、辛い日々でした。

借りると返さないといけないのでそれもまた苦しかったのですが、でも借りないと生活ができなかったので借金をしていました。

 

そんな主人が初めて今の仕事で4年続く事が出来ました。今の会社は面接では当初女性の採用を求めていたらしいのですが、主人を気に入ってくれて採用されたようです。主人は入社後、仕事を認められ、大事な仕事を任せられるようになりました。給料は1カ月生活できるほどではありませんが、主人はやりがいを感じ、一生今の会社でがんばると言っています。車で1時間と遠い場所で働いているので、朝7時半に家をでなければなりませんし、夜は早い時は19時頃帰ってきますが、遅い時は日をまたいでから帰る事もあります。私はもう少しお給料を貰っても良いと不満に思いますが、今まで見た事のないやる気があり、輝く主人を見ていると仕事を変えてほしいとは思いません。年に1度3000円しか給料はアップしないので、何年働いても生活が楽になる事はないと思いますが、仕事を続ける事も大事だと思うので、がんばってほしいと思います。年2回ボーナスもありますし、退職までがんばれば退職金もでます。それまでは辛い生活になるかもしれませんが、がんばります。

 

サークルのためのアルバイト生活

Posted by tyranno on 10月 9th, 2014 — Posted in 未分類

大学時代、いつもお金に困っていました。
サークルに入ったのですが週四で練習。

その合間にアルバイトをするのですが、週三回くらいではなかなかお金がたまりません。
そしてもちろん授業もあるので、アルバイトできる時間は限られてきます。

音楽系のサークルだったので合宿代や演奏会のノルマも多くて、つねにカツカツ。
自宅生だったのでまだごはんが家にあるだけましでしたが、なかなか苦しい生活。

下宿生の友人たちは生活費も多少捻出しなければならず、さらに苦しそうでした。
深夜アルバイトをしている子も多かったです。

お金がない時は単発で自給の高いアルバイトに募集していました。
高時給の警備員アルバイト→http://xn--ccke2i4a9j804rhjge51j.jp/

他にも、イベントスタッフなんかは自給が高いものがあったので、そういったときには短期的にサークルを休んで行っていました。

途中からサークルで飲み会の多い役職についてしまったので、さらにやりくりが大変になりました。
深夜アルバイトはさすがに親に禁止されていたので、大学内で空き時間にできるアルバイトを探してまわりました。

どうしてもお金が足りないときには、仕方がないので親に少し融通してもらうしかありませんでした。

回生が上がるごとに少し授業には余裕ができたので、朝授業に出るか授業がない時はアルバイト、昼からは大学のアルバイト、サークル行くかサークルのない日はアルバイト、休みの日ももちろんアルバイトという生活でした。

サークルはもちろん楽しかったけれど、なんのために大学にいったのかと思うくらいアルバイトしてました。
それほど高くない方でしたが私立大学で親に授業料と交通費を全部出してもらっていたので、絶対に頼りたくなかったです。

サークルをしなければ、と思われるかもしれませんが、サークルで今の趣味も見つけたし主人にも出会えたので、大変でしたが後悔はしていません。

夫が私たち家族より義母を大切にします

Posted by tyranno on 10月 1st, 2014 — Posted in 未分類

不満に思うことは、夫が私や娘などより義母(自分の母)を大切にすることです。義母は88歳の米寿ですが、50代の私よりずっと健康なほどです。
義母とは今年の夏まで一緒に生活していましたが、夫は義母のことを思いやる行動をよくしました。食事も義母の好むものを作るように私に要求し、食卓でも義母の好きなものを取り分けてあげたりしていました。テレビも義母の好む番組にチャンネルを合わせ、私の見たいものなど全然思いやってくれません。
また、義母がどこそこへ行きたいといえば、一緒についていきます。夫は青春18切符を買うのが趣味なのですが、それを買うたびに義母と日帰りの旅行をしてきます。そんな日は昼食も夕食も二人で外で食べてきます。
この夏、義母は自分から進んで高齢者住宅へ入居しました。自分で自由に生活したいからという理由です。私がやさしく接しなかったことへのあてつけかもしれませんが…。そこの生活費が1ヶ月20万円もかかるのです。義母の年金だけでは無理なので、我が家の家計から10万円援助しています。我が家も余裕があるわけではないのに、夫がそうすることを決めてしまいました。
高齢者住宅は家の近くにあるので、夫は毎日のぞきに行っています。義母をショッピングに連れて行ったりもよくしていますし、何かイベントがあると義母を誘ってよく出かけています。これで不満がたまらないわけがありません。
私も黙ってはいられないので、夫に「お義母さんと同じくらい、私たち家族も大切にしてよ!」といったのですが、「おふくろは君たちより先が短いから、今のうちに大事にしたい」というのです。義母が私より先に死ぬかどうかなんて誰もわかりません。もしかしたら、私のほうが余命が少ないかもしれないのです。こんな夫と暮らすのが大変なストレスです。ストレスがたまるので主婦でも借りれる金融(http://xn--n9jucyaee4076b40ck81ar26g3pva.net/)を利用してショッピングしてストレスを発散させています。お金を借りているなんて夫も絶対に知らないだろうし、義理母も知らないことです。なんかこっそりしていることでちょっとストレス発散になっている部分もあります。

子供が3人もいると・・・

Posted by tyranno on 9月 10th, 2014 — Posted in 未分類

我が家には、7歳と5歳2歳になる子供がいるんですが、3人もいると生活も大変です。

主人の給料もお世辞にも多い方ではないので、毎月節約しながらどうにか生活できています。

買物もタイムセールなど安くなる時間だけを狙って行っていますし、絶対に無駄な物は買わないように必要最低限のお金しか持って行かないようにしています。

子供の将来の事を考えたら、これからドンドンお金がかかってくるので、今のうちに貯めれるだけ貯めておかないと、って感じですね。